診療報酬債権

診療報酬債権を活用した医療機関専門の資金調達の方法

 

診療報酬の改訂がこたえた...病院の経営が厳しい...

 

近くに新しく医院ができた影響で、患者さんの数が減ってきた...

 

資金繰りが厳しい、どうにかならないだろうか...

 

診療報酬債権で資金調達ができるって聞いたけど、それってなに?

 

もし医院やクリニックを経営していて、上記のような疑問や悩みをお持ちならば、このサイトがお役に立てることと思います。

 

日本の病院やクリニックなどの 医療機関の4割は赤字 だと言われています。診療報酬の改訂が打撃になっていて、正直病院経営が厳しいと嘆く先生方も多くいらっしゃいます。

 

考える医者

 

でも、看護師や職員、また長年信頼して通院してくれている患者さんのことを思うと、何とか頑張って再び経営を軌道に戻したい、そう考える院長先生がほとんどです。

 

もし地域から病院やクリニックが無くなってしまったとしたら、大きな損失です。地域の方の健康と安心を損なうことになってしまうので、何とか踏みとどまりたい。きっと、そう考えていることと思います。

 

地域の患者さんや職員のためにも、なんとか踏ん張ってもう一度経営を軌道に戻したい

 

そのように強く願っていても、銀行からの融資や借入は期待できないかもしれません。よく昔から「銀行は晴れた日には傘を貸し、雨の日には取り上げる」などと揶揄されてきましたね。実際問題、本当にそのようなことが起きているんです。

 

銀行の融資のお断り

 

 

「検討させて頂きましたが、今回の融資のご依頼はお断りさせて頂くことになりました」

 

銀行からのこのような無情な回答を受けることがあります。

 

経営が厳しい医療機関に、銀行は融資をしない

 

銀行や金融機関は、基本的に経営が厳しい企業への新たな融資や借入は、ほとんど承認してくれないのです。それは金融庁から出されている金融検査マニュアルの指示に従っているからです。大きな担保や保証があれば相談に乗ってくれますが、そういったものがない場合は融資の許可が下りることはほとんど期待できません。

 

では、資金繰りが厳しい時に、銀行や金融機関などからの借入や、つなぎ融資が難しい場合、一体どうやって資金を調達すればいいのでしょうか?

 

そういった場合に役立つのが、「診療報酬債権を活用する」 ことです。

 

診療報酬債権を活用した資金繰りができる!!

診療報酬債権を活用した資金調達ならHファクター

Hファクター

Hファクターは、診療報酬債権を活用したファクタリングを専門に取り扱っているので、医療業界の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

診療報酬債権の活用

 

ファクタリングって何?

 

毎月、国保連(国民健康保険団体連合会)や社保(社会保険診療報酬支払基金)にレセプト請求をして、約2か月後に診療報酬を受け取りますよね。このレセプト請求をして支払われる診療報酬を債権として買い取ってくれて、2か月待たずにすぐにキャッシュを入金してくれるサービスがあるんです。

 

診療報酬を債権として買い取ってくれる

 

これを、診療報酬ファクタリングと言います。

 

レセプト請求の診療報酬を債権として買い取ってすぐに入金

 

通常はレセプト請求をしてから実際に診療報酬が入金されるのは約2か月先になりますよね。でも診療報酬ファクタリングというサービスを活用すると、支払われる診療報酬から一定の手数料(1.5%~)を引いたものを、すぐに入金してくれるのです。

 

そうすることで、資金繰りを改善することができます。

 

たとえば毎月のレセプト請求から診療報酬の受け取りは、下記の図のようになっています。

 

診療報酬を受け取るまでの図

 

1、病院やクリニックから国保連や社保にレセプト請求

 

2、約2か月後に診療報酬が入金

 

通常はこのように運営していきますよね。

 

しかし、ある月の支払いがいつもより多かったりして、資金繰りが厳しくなる時があります。たとえば、職員のボーナスを払う月だったり、医療器具や備品の購入費用などが重なる月もあります。そうなると、キャッシュの不足によって資金繰りが難しくなる場合があります。

 

こういった厳しい時に、レセプト請求による診療報酬債権を買い取って、すぐに現金にしてくれるのが診療報酬ファクタリングなんです。通常は国保連や社保からの入金は2か月先ですよね。でも、この診療報酬ファクタリングを活用すれば、2か月待たずにすぐに入金してくれるので、その月の支払いなどに充てることができるんです。

 

診療報酬債権を買い取る、この診療報酬ファクタリングを利用すると、下記の図のようになります。

 

診療報酬ファクタリングの図

 

1.医療機関が国保連や社保にレセプト請求をする

 

2.ファクタリング会社が国保連や社保に確認する

 

3.確認後、ファクタリング会社が医療機関に即入金する

 

4.2か月後に国保連や社保からファクタリング会社に入金

 

こういった流れになります。

 

2か月待たなくてもすぐに診療報酬が受け取れるから資金繰りが改善する

 

実はこのサービスは、ファクタリング会社側からしてもリスクのない安全なビジネスと言えます。なぜななら2か月後には国保連(国民健康保険団体連合会)や社保(社会保険診療報酬支払基金)から診療報酬を確実に受け取ることができるからです。

いわば、2か月お金を先に用立てるだけで手数料が入ってくるという訳ですから、これはリスクのないビジネスということになるんですね。

 

 

病院側:診療報酬を2か月前倒しで受け取れる

 

ファクタリング会社側:2か月後に確実に回収でき、手数料が収益になる

 

 

このような、win-winの関係 それが診療報酬債権を活用したファクタリングなんです。

 

Win-Winの関係

 

診療報酬債権を活用した資金繰りができる!!

診療報酬債権を活用した資金調達ならHファクター

Hファクター

Hファクターは、診療報酬債権を活用したファクタリングを専門に取り扱っているので、医療業界の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

診療報酬債権-いつ買い取ってもらう?

 

医師による太鼓判

 

ではいつ診療報酬債権を買い取ってもらえばいいでしょうか?いつこの診療報酬ファクタリングを活用すればいいのでしょうか?

 

病院経営をしていると、ある月の資金繰りが特に厳しくなる時があります。たとえば2月や5月のような、そもそもの月の日数が少ない月や祝日などの関係で病院の診療日自体が少ない月がありますよね。そういった月は、いつもに比べて診療報酬が少なくなりがちです。

そうなると、診療報酬を受け取る2か月後の月の資金繰りが厳しくなる場合があります。たとえば2月なら4月、5月なら7月、といったように診療報酬を受け取る月です。その月は、いつもより医業収入が減りますよね。それで特にその月の資金繰りが厳しいといった場合が起こり得ます。

 

下記の図にあるように、収入減があった月の2か月後の月の資金繰りが特に厳しくなる場合があります。

 

資金繰り

 

上記の図からすると、4月と7月の資金繰りが厳しくなります。その月の支払い(職員の給与、備品購入の支払いなど)のためにファクタリングを活用するのが効果的です。

 

 

ファクタリングを利用した場合

 

さらには、職員のボーナス月や別途キャッシュが必要になった月など、通常より支払いが多い月も資金繰りが厳しくなる時があります。そういった時にもファクタリングによって、資金調達をする医院やクリニックが多いと言えます。

 

収入減の月の2か月後の資金繰りのため

 

ボーナス月や支払いの多い月の資金繰りのため

 

診療報酬ファクタリングの優れた3つのポイント

 

病院の助けになる

 

レセプト請求を買い取ってくれるこのファクタリングには、銀行や金融機関からの融資や借入とは違う優れた3つのポイントがあります。

通常の銀行からの融資などは、認められるための条件が非常に厳しくなかなか審査が下りません。しかし、ファクタリングの場合は時間もかからずスムーズに契約できます。

 

面談・面接が不要

銀行や金融機関に融資や借入を依頼する際には、何度も担当者も打ち合わせや面談をする必要があります。わざわざ出向いて行く時間もとられますし、何度も面談となるとかなりの負担になります。通常の医療業務もある中で何度も出かけなければいけないとなると、本業に集中できないという弊害もあります。

しかしレセプト請求を買い取るファクタリングの場合は、インターネット経由で申し込むことができます。また、直接面談する必要はなく、電話での簡単なやり取りですむというメリットがあります。

 

カンタンな審査で済む

銀行から融資を得る場合は、事業計画書、決算書など多くの書類提出が求められます。そして銀行側の審査項目が多いため、とても時間がかかります。でもこれは致し方ないことで、銀行からの借り入れは長期に渡る返済が大前提だからです。これから長年に渡って元本と金利をきちんと返済してくれるかどうかをチェックする必要がありますから、当然審査に時間がかかってしまいます。

一方レセプト請求を買い取るファクタリングの場合はどうでしょうか?ファクタリングの場合は、長期に渡る返済という考え方はありません。ファクタリング会社は、契約した病院やクリニックにお金を入金しますが、その2か月後には国保連や社保から確実にお金を受け取ることができます。2か月後には確実に回収できることが分かっていますから、審査もとてもカンタンで済むという訳ですね。

 

手数料が安い

診療報酬ファクタリングは、その手数料の安さも大きなポイントと言えます。これが一般の会社や企業相手のファクタリングですと、ファクタリングの手数料は少し高くなります。20%くらいを手数料に設定している会社もあります。

 

なぜ手数料が安いのか?

一般の企業などから買い取る売掛金は、回収できないというリスクがあります。一般の企業や会社の場合は、取引先の売掛金を買い取ることになりますが、買い取ってから回収までの間にその取引先の会社が倒産してしまう危険性もあります。そういったリスクがあるので、買取手数料がおのずと高くなってしまいます。

しかし診療報酬ファクタリングの場合は、国保連や社保という公的な機関が相手です。国保連や社保が倒産することはあり得ません。ですから医院やクリニックからレセプト請求を買い取っても、それを回収できないというリスクがありません。確実に回収できます。ですから手数料を安く(1.5%~)設定することができるんですね。

 

 

ファクタリングは、以上のような3つの大きな優れたポイントがあります。銀行などの金融機関にはない、利用する側からしたらとても大きなメリットがあると言えます。

 

診療報酬ファクタリングは、レセプト請求の強みを最大限に活かしたもの

 

医師のガッツポーズ

 

病院やクリニックなどの医療機関を経営をしている方は、実は非常に大きな強みを持っていると言えます。それは、レセプト請求をしたならば(ミスや返戻を除く)確実に2か月後には請求した金額が支払われるという強みです。

 

これが、一般の会社や企業の場合ですと話が変わってきます。たとえば、取引先に商品を納品し請求書を発行しても、約束の期日までに代金が支払われない場合もあります。また、入金をもう少し待って欲しいとお願いされる場合もあります。さらに最悪の場合は、入金のないまま取引先が倒産してしまい、回収不が能になる場合もありますし、もっと最悪なことに連鎖倒産というようなリスクもあります。

 

しかし医療機関の場合は、国保連や社保という公的な機関を相手に請求をするため、絶対確実に報酬を受け取ることができます。これは大きな強みではないでしょうか。

 

公的機関が相手なため、確実に報酬が支払われる

 

そしてこの強みを最大限に活かしたのが診療報酬を買い取るファクタリングなんです。医療機関側からしたら、本来2か月後に入るお金が早期に手に入るので、資金繰りを改善できるという大きなメリットがあります。

一方ファクタリング会社側からすると、2か月後には確実に回収できるお金を先に用立てるだけで手数料収入が入るという大きなメリットがあります。

 

こういったWin-Winな関係が成り立つのも、国保連合会や社保というような公的な機関がそこに関係しているからです。病院が受け取る、レセプト請求による報酬は非常に信頼できる信用性の高いものなのです。

 

このレセプト請求にしかない大きな強みを活かして、資金繰りが厳しい時、支払いが多くてキツイ月、急なキャッシュがどうしても必要になった時などに、ファクタリングの活用をおすすめいたします。

 

正直病院の経営が厳しい...

 

近くに新しく医院ができた影響で、患者さんの数が減ってきた...

 

資金繰りが厳しい、どうにかならないだろうか...

 

そんな経営上の悩みを解決してくれる

 

診療報酬債権によるファクタリングの活用

 

を是非考えてみてください。

 

診療報酬債権を活用した資金繰りができる!!

診療報酬債権を活用した資金調達ならHファクター

Hファクター

Hファクターは、診療報酬債権を活用したファクタリングを専門に取り扱っているので、医療業界の事情に詳しく親身になって相談に乗ってくれます。

 

・保証人不要、来店不要、審査もスムーズ

・手数料1.5%~(業界最安値)

・最短3日で用意

専門のコンサルタントがいるので安心して資金繰りについて相談できます。業界内の事情に詳しいので、かゆいところに手が届くサポートが期待できます。

 

 

Copyright© 診療報酬債権 , 2018 All Rights Reserved.