診療報酬債権

診療報酬債権を活用した医療機関専門の資金調達の方法

レセプトのミスを防いで経営状態を改善する

投稿日:

 

レセプト請求

 

病院やクリニックの経営を軌道に乗せたり、改善していく上で、もちろんの収益の安定性が必要となってきます。医療事業の収益というのは患者さん負担の診療報酬を直接受けとるものと、月に一度国保連や社保に診療報酬を請求することで得られます。いわゆるレセプト請求というものです。通称レセプトやレセと呼ばれていますよね。

病院の運営と収入に直接関わるものですから、このレセプト請求やその準備段階でミスをすると診療報酬が支払われなかったり、減額されたり、返戻されたりすることがあります。そしてそれが日常的に続くと、医院の運営や経営を圧迫する要因になりかねません。ですからレセプト請求は特に正確さが求められます。

では具体的にどのようにレセプトミスを防ぐことができるでしょうか。

 

レセプトのミスは一体どこで起きる?

 

病院やクリニックでは、コンピュータで診療報酬の管理や請求をすることができる、レセプトコンピュータ、通称レセコンと呼ばれるものが導入されています。そういった意味で、すべてを手作業で行っていた昔に比べて、レセプトミスは大幅に減っていると言えます。

しかし今でも手作業で処理しなければいけない部分もありますよね。単純な入力ミスなど、人為的なミスが生じる可能性は当然あります。たとえば、レセプト請求の操作や業務に慣れていない人が作業を行なったり、診療報酬の改訂などがなされている場合や、その他の調整がなされている部分に気づかずに作業を続けたり、あるいはカルテやその他の書類の記入や整理が正確になされていないなどの原因によって、最終的なレセプトミスに繋がる場合がかなりあります。

レセプト請求の専用のソフトを購入して利用している病院やクリニックがほとんどだと思いますが、たとえばそのソフトのアップデートを怠っていて、それが請求ミスに繋がる場合も時々あります。その病院の事務員や担当者がコンピュータに詳しい人であればすぐに気が付くのですが、不得手であったり、知識を持っている人がいない場合ですと、そこでミスが発生して正確なレセプト請求を行なうのが難しくなるかもしれません。

 

レセプトのミスが起きやすい場面

 

・点数などの計算ミスや記入漏れ

・カルテ等の書類整理ができていない

・関連法規を理解していない

・診療報酬の改訂などの理解不足

・単純な操作ミス

 

 

などがあります。レセプトをミスを防ぐために、院内で定期的に勉強会を開いたりいるクリニックなどもあります。また、優秀な経験のある事務員を雇ったり、若手を教育したりすることも大切になってきます。あるいは、経費はかかりますが、レセプト代行業者に一括して委託することにより、ミスや漏れなく請求できるので、結果的にそれが収益の安定に繋がる場合もあります。

レセプトの請求作業や業務は、医院やクリニックの収益と直結している部分です。とても大切な部分ですので、この部分のミスを無くすことで、安定した経営を行なっていきくことができますね。

 

診療報酬債権を活用した医療機関専門の資金調達の方法 TOPページへ

-management

Copyright© 診療報酬債権 , 2019 All Rights Reserved.